館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 公営斎場を利用する利点(館林市斎場/大泉外二町斎場)

公営斎場は利用者が運営する自治体が定める市区町村に住民票がある場合「市民料金」という扱いで利用が可能で経済的な葬儀を執り行うことが出来ます。

火葬施設と葬祭場が併設されている斎場がほとんどなので、ご出棺の際の霊柩車やマイクロバスでの移動といったものが必要ありません。これら費用の負担が無くなり、且つ前日のお通夜や告別式で疲弊している中での移動、火葬場まで随行される方達の車の手配や気配り、このような体力的・精神的な負担も軽減されます。

また、公営斎場の多くは葬祭場に祭壇が常設されています。

ですので、花祭壇や凝った装飾等を選ばない限りは祭壇の費用もかからないのです。

反面、公営斎場の多くは交通アクセスに利便性が低い点があげられます。最寄りの駅から徒歩で向かうのは困難で、タクシーやバス、自家用車での移動手段が無ければなかなか難しいのが現状です。

葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、なんでもお聞きください