館林・大泉市民葬祭 > 2021年 > 8月

小山市にお住まいの方はリーズナブルな市民料金で小山聖苑を利用してのご葬儀をお勧めしております。公営斎場は図書館や公民館と同じで、市民が便利に使用するためのものです。料金が安いだけでなく、駐車場も広く場所もわかりやすい、移動も最小限ですみ、式場や控室も広い作りとなっています。館林・大泉市民葬祭では家族葬プラン(256,000円〜)に必要なものを全てセットにしてご用意をしております。プラス料金につきましては、詳細にご説明致します。無料見積もりもいたしますので、ぜひ一度ご連絡ください。電話は(0120-077-009)まで。メールでも受け付けております。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

葬儀を行う方は費用面でのご心配をされる方が多いと思います。急なお別れで心沈む中、わからない事だらけで何の費用なのかわからないまま高額な支払いをしたと言うお話もよく聞きます。館林・大泉市民葬祭では葬儀費用は抑えて残されたご家族様のこれからの生活を第一に考えていただきたいと願いつつ、ご葬儀の提案をさせて頂いております。通夜・葬儀を行わずに御家族だけでお別れしたあと火葬する「シンプル火葬式」99,000円〜のプランがございます。追加料金は火葬の日程によりドライアイス代、安置料、場所により搬送料などとなります。料金についてはご納得の行くまで説明させていただきます。無料で見積もり致しますので安心してご連絡ください。電話は0120−077−009まで。メールでも受け付けております。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

互助会」とは正式には「冠婚葬祭互助会」と呼び、婚礼や葬儀といった冠婚葬祭のサービスを提供している会社のことです。ちなみに葬儀業界では、互助会系の葬儀社以外にも、葬儀専門業者やJAなどの組合系など、さまざまな業者があります。

互助会の特徴は、互助会員の毎月の掛金になります。月々1,000円~5,000円の掛金を60回~100回で満期になるプランが多いようです。会員からすれば、元気なうちから冠婚葬祭費用の積み立てができ、また業者からしたら毎月の払い込みがあるために、会員の囲い込みがより強化にできる利点があります。もともとは戦後間もないころ、葬儀の費用を捻出できなかった人々が相互扶助の理念のもとに、祭壇などを共同購入するために始まったものなのですが、高度成長期とともに営利化が進み、互助会のトラブルは社会問題にまで発展しています。社会規制の必要性から、「割賦販売法」を適用して1973年より通商産業省の許認可事業になりました。

互助会の魅力

互助会は、会員の毎月の掛け金を元手に企業活動を運営しています。
そのため、会員の維持や拡大は企業にとっての生命線です。
メディアなどでよく耳にする、互助会トラブル(強引な勧誘、解約渋り、高額な解約手数料など)はここに端を発していると言えるでしょう。

とはいえ、互助会=トラブルというイメージがあるとはいえ、互助会だからこその魅力もまた多いのです。

ひとことに「互助会」と言っても全国に大小さまざまな葬儀社がありますが、大手互助会になると会館設備の充実ぶりは群を抜いているので、このあたりは大きな魅力でしょう。
また、満額の掛け金だけでは葬儀費用がまかなえずに追加費用が発生することが苦情の種になっているようですが、とはいえ掛け金を充当することで葬儀費用の負担は軽減されますので、これも利点の一つだと言えるでしょう。

元気なうちから費用を積立しておく。
元気なうちから葬儀について考える機会がある。

会員の多くはこうした理由で互助会を選ばれているようです。

館林・大泉市民葬祭は、互助会ではありませんが、会員様の募集を集っています。弊社の場合は、月々の掛金はありません。会員登録料もありません。会員になりますと葬儀費用から1万円の割引をさせて頂いております。互助会もいいと思いますが、弊社の会員もお得だとおもいます。会員登録はこちらをクリックしてください。

館林市でご葬儀にてコロナ感染を心配しておられる方には、自宅での葬儀または公営斎場を利用しての家族葬をご提案させて頂いております。
ご自宅でのご葬儀は故人様が一番安心できる自宅でお別れができるメリットもありますが、近隣の方にわかってしまう事やある程度のスペースが必要なのでデメリットもあります。
公営斎場は広いスペースがあり、移動が少ないけれど式場使用料がかかります。
ご喪家に寄り添いより良いご葬儀を提案させていただきますので安心してご相談ください。
館林・大泉市民葬祭では24時間体制でご相談をお待ちしております。ご連絡は(0120−077−009)まで。

もしもご家族がお亡くなりになってしまったら、みなさんは何を1番に考えたらいいとおもいますか?

それは、安置する場所だとおもいます。

病院によっては、お亡くなりになったら夜中だろうとお構いなしに「直ぐに葬儀屋さんに連絡入れて、お迎えに来てもらってください」などと言われる事も珍しくありません。少し前ですと、基本的に安置場所は、故人の慣れ親しんだ自宅が多く選ばれていました。ですが、現在は「施設に入っている」、「家が狭い」、「近所に知られたくない」などといった理由から、自宅以外の場所に安置を希望する方が増えてきています。ですので、もしもの時の為に、事前に安置する場所を考えておくのも必要だと思います。

<自宅で安置する場合の良い点と悪い点>

自宅で安置する良い点は、故人に対してが1番だと思います。故人の慣れ親しんだ家へ帰してあげられるのです。例えば、故人が病院で亡くなったとします。その場合、「家に帰りたい」と願いながら亡くなるわけです。死後ではありますが、自宅へ帰してあげれれば、念願の我が家にホッとすると思います。遺族も、家でのんびりと家族だけで、故人とお別れすることができます。また、自宅で安置するときは、枕飾りを作るので、菩提寺からの枕経を対応することも出来るのです。ですが、悪い点もあります。それは、自宅へご遺体を安置するときに、近隣の方の目に触れます。近隣の方に知られたくないという気持ちがあるのなら、自宅での安置は向いていません。また、遺体を自宅に安置するときは、いくつか条件があります。①できるだけ広めのお部屋(6帖くらいあるとベスト)②保存のために部屋を冷やす必要がある(エアコン設備)③弔問客のための片づけができるか(おもてなしの準備など)④車で来る方の駐車場の案内や準備など。

自宅への安置は、とても良いことに思えますが、遺族にとっては体を休める時間がないほどに手間と準備に時間がかかってしまうという面もあるということです。

以上のことを踏まえ、よく話し合って決めておくことがいいと思います。

葬儀に関する質問、疑問などありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

また、弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

 

弊社に相談にこられるお客様にご説明をさせていただいていると「公営斎場」を使用してお葬式を執り行うことができる、ということを知らない方が多く感じます。「公営斎場」はみんなが使用することが出来ます。設備も劣ることなく、一番の魅力は低価格です。一度見学してみるのもお勧めだと思います。

佐野斎場は、佐野市、栃木市の旧藤岡町地区、旧岩船地区にお住まいの方は、管内料金にてご利用できます。火葬料金も無料となっております。佐野斎場に興味がある方は、館林大泉市民葬祭 0120-077-099にご連絡下さい。

また、葬儀に関する質問、疑問などもなんなりと、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。場所や地域にあった葬儀をご提案させていただきます。

香りは、仏の姿を現すと同時に臭いを防ぐ効果があります。幸せな気持ちにさせてくれたり、リラックス効果のある香りには、香りの特性を生かし、香りの中にいろいろな意味を込めることができます。お香は、香りが部屋に充満する様を、仏の教えが広く浸透している様子を表したり、仏へ良い香りを届けたりする行為でもあります。素敵な香りに満ちている状態を、「浄土の世界」として表します。焼香は、インドで体臭を消すために使われたのが起源ですが、後香は、遺体の臭い消しの役目がありました。その昔、霊安室や冷蔵庫のない時代は、遺体の腐敗の進行は早かったはずです。お葬式で行われる焼香の香りは、お葬式の場に腐敗の臭いが浸透するのを防ぐ役割もあるのです。通夜で一晩中、線香を絶やさないしきたりは、死体から出る腐敗臭を消す役割と、ハエやゴキブリなどの害虫の侵入を防ぐ役割があるんです。

葬儀に関する質問、疑問などありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

また、弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

群馬県邑楽郡大泉町、邑楽町、千代田町にご住所がある方は大泉町外二町斎場(公営斎場)を利用してのお葬式・家族葬がお勧めです。大泉町外二町斎場は葬儀式場と火葬場とが隣接している為、バスや高額な霊柩車を使い移動することなく一か所でお葬式の全てを行えるので費用も抑える事ができます。さらに、移動する時間も短縮する事ができます。

組合区域内(大泉町・邑楽町・千代田町)の住民の場合、火葬料金は無料。待合室も無料。

式場利用料金 通夜及び告別式 66,000円~

※斎場利用料は、通夜葬儀両日使用したものの目安です。使用する時間などによって異なりますので、詳しくは斎場案内ページをご覧ください

火葬場運営はその自治体の居住者のための行政サービスです。是非、ご利用されることをおススメします!

市民葬祭では少人数の家族葬から大人数で行う一般葬まで低価格で行えるようなプランでご案内を致しております。大泉町・邑楽町・千代田町のご家族様は安価な料金で利用することが出来る大泉町外二町斎場でのご葬儀を考えてみてもいいと思います。事前相談・事前見積も無料にて承っておりますので、ご相談ご質問があればご連絡頂ければと思います。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

お焼香とは、故人様に香を焚くことです。

細かく刻んだお香(抹香)をつまんで、香炉の中に置かれた炭の上に落として香を焚きます。香をささげることは仏や故人を礼拝する際に共通する仏教の作法です。ちなみに、お線香も、お焼香も、香を焚いてささげるという点では同じです。たくさんの方が参列されるお葬式で、ひとりひとりがお線香をたててしまいますと、時間もかかってしまいますし、香炉の中も無数のお線香で溢れてしまいます。そのため、葬儀や法要ではお焼香が用いられております。

お焼香の作法 

①数珠は左手にもっておく 

②スタッフの案内に従って焼香台まで進みでる

③本尊、故人様に向かって一礼する

⓸抹香をつまんで、炭の上にパラパラと落として香を焚く

⑤本尊や故人様に対して合掌をし冥福を祈ります

⓺遺族席に慰めの気持ちを込めて一礼します

⑦スタッフの案内に従って退場するか、自席に戻ります

宗派によってお焼香の回数は異なるので覚えておくといいでしょう。

天台宗 1~3回(特にこだわりません)

真言宗 3回身口意の「三業」を清め、仏法僧の「三宝」にささげるとされています )

臨済宗 1回「一に帰る」という意味合いから1回でよいとされています

曹洞宗 2回(1回目は額に押し戴いて焚き、2回目は押し戴かずに炊きます)

浄土宗 1~3回(特にこだわりません)

真宗大谷派 2回(額に押し戴かずに炊きます)

浄土真宗本願寺派 1回(額に押し戴かずに炊きます)

日蓮宗 1~3回(導師は3回、在家信者は1回でよいとされています)

葬儀に関する質問、疑問などありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

また、弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

お葬式というと葬儀屋さんのホールや私設ホールを使用して行うというイメージがあると思いますが、現在では公営斎場でお葬式を挙げる方が増えております。加須市、久喜市、幸手市、宮代町に住民票がある方は、「メモリアルトネ」を利用する͡ことを推奨しております。3市1町にお住まいの方は、組合内料金でご利用することができます。しかしまだ「メモリアルトネ」でお葬式ができるということを知らないお客様も多く、ご相談いただき始めて「メモリアルトネ」で葬儀式を執り行うことができると知るという方も沢山おります。「メモリアルトネ」でお葬式を挙げると色々とメリット面があり費用も抑えられます。「市」で設置しておりますので「市役所」や「図書館」と同じイメージでしょうか。使わない理由はありません。「メモリアルトネ」でのお葬式についてご興味のある方は「館林大泉市民葬祭 0120-077-099」にお問合せ下さい。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑県央みずほ斎場でのご葬儀のご相談も館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

過去の5件