館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 枕団子は地域によって数が違う

枕団子とは、仏教の祖となるお釈迦様が、悟りの世界へ旅立つ時に、

弟子である菩薩が香飯を渡そうとしたのですが、お釈迦様はそれを

食べずにそのまま旅立たれたそうです。

そこで、お釈迦様が亡くなった後に、お団子をお供えしたというところからの由来だそうです。

また、枕団子の数にも意味があるんです。

一般的には地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天井の六道と呼ばれ、

6個を用意いたしますが、地域によっては13個、四十九日分の49個用意する所もあります。

では、いつから作るのでしょうか。

一般的には、故人様がお亡くなりになった当日から作るとされています。

また枕飯も同様に、火葬当日まで毎日炊き立てのご飯に作りかえてお供えするのがいいと思います。

枕団子も乾いたり形が崩れだしたら新しい団子と交換しましょう。

それまで供えていた枕団子、枕飯は半紙等にくるみ、棺の中に入れ浄土へと持って行ってもらいます。

最後に、枕団子や枕飯で使ったお茶碗ですが、使った後に割るのが一般的になっております。

割るという行為は、死者との決別という意味があり、遺族へ亡くなったことを悟らせるための風習です。

 

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑(公営斎場)でのご葬儀のご相談は

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。0120-077-009