館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 戒名を構成する四つの言葉

戒名は、基本的に院号(いんごう)、道号(どうごう)、戒名、位号(いごう)の4つで構成されています。

院号は、寺院に多くの貢献をした、もしくは、深く帰依したなど特別な場合にしかつけられません。院号は〇〇院や、〇〇院殿といったつけ方が多いですが、〇〇軒や〇〇庵とつけられることもあります。

道号は、故人の趣味、性格、人柄、実績を元につくられます。ヘアーサロンや、アパレルの仕事をしていた人は「清心」、心優しき人なら「優雲」、真面目な人なら「誠岳」というように、道号を見るだけで、その人のことがわかるようなものがつけられます。

戒名は、基本的に2文字で構成され、一番簡易的なつけかたは、生前の名前から1文字、尊敬している方から1文字もらってつけるという方法です。御仏や、経典から文字を抜き取り、つける場合もあります。この場合、真言宗では「真」、大日如来では「照」、浄土宗では「浄」、阿弥陀如来では「慈」などの文字が想像されやすいのですが、浄土真宗での戒名は、法名(釈〇〇)の3文字で構成される点に違いがあります。

位号は、戒名の位を表します。

成人女性「清女」「大姉」「院信女」「院大姉」が選ばれます。

成人男性は、「信士」「居士」「院清士」「院居士」が選ばれますが、後半に行くほど位が高いので、覚えておきましょう。また、故人が未成年の場合、年齢から位号を決めます。故人が、0歳から約3歳では「嬰子」「嬰女」、3歳から5歳までは「孩子」「孩女」となり、5歳から15歳くらいまでは「童子」「童女」という位号が付けられ、子が男児女が女児の意味を持ちます。

ここでお話した院号、道号、戒名、位号は宗教にそったものなので、無宗教葬儀などの葬儀の場合は、故人の名前が使われることが多いです。

 

ご葬儀の施工、ご不明な点やご相談などありましたら、

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。0120-077-009

(公営斎場推奨)

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場