館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お焼香の作法|宗派によって異なる回数

お焼香とは、故人様に香を焚くことです。

細かく刻んだお香(抹香)をつまんで、香炉の中に置かれた炭の上に落として香を焚きます。香をささげることは仏や故人を礼拝する際に共通する仏教の作法です。ちなみに、お線香も、お焼香も、香を焚いてささげるという点では同じです。たくさんの方が参列されるお葬式で、ひとりひとりがお線香をたててしまいますと、時間もかかってしまいますし、香炉の中も無数のお線香で溢れてしまいます。そのため、葬儀や法要ではお焼香が用いられております。

お焼香の作法 

①数珠は左手にもっておく 

②スタッフの案内に従って焼香台まで進みでる

③本尊、故人様に向かって一礼する

⓸抹香をつまんで、炭の上にパラパラと落として香を焚く

⑤本尊や故人様に対して合掌をし冥福を祈ります

⓺遺族席に慰めの気持ちを込めて一礼します

⑦スタッフの案内に従って退場するか、自席に戻ります

宗派によってお焼香の回数は異なるので覚えておくといいでしょう。

天台宗 1~3回(特にこだわりません)

真言宗 3回身口意の「三業」を清め、仏法僧の「三宝」にささげるとされています )

臨済宗 1回「一に帰る」という意味合いから1回でよいとされています

曹洞宗 2回(1回目は額に押し戴いて焚き、2回目は押し戴かずに炊きます)

浄土宗 1~3回(特にこだわりません)

真宗大谷派 2回(額に押し戴かずに炊きます)

浄土真宗本願寺派 1回(額に押し戴かずに炊きます)

日蓮宗 1~3回(導師は3回、在家信者は1回でよいとされています)

葬儀に関する質問、疑問などありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

また、弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。