館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お香の香りに込める意味と香りの役割

香りは、仏の姿を現すと同時に臭いを防ぐ効果があります。幸せな気持ちにさせてくれたり、リラックス効果のある香りには、香りの特性を生かし、香りの中にいろいろな意味を込めることができます。お香は、香りが部屋に充満する様を、仏の教えが広く浸透している様子を表したり、仏へ良い香りを届けたりする行為でもあります。素敵な香りに満ちている状態を、「浄土の世界」として表します。焼香は、インドで体臭を消すために使われたのが起源ですが、後香は、遺体の臭い消しの役目がありました。その昔、霊安室や冷蔵庫のない時代は、遺体の腐敗の進行は早かったはずです。お葬式で行われる焼香の香りは、お葬式の場に腐敗の臭いが浸透するのを防ぐ役割もあるのです。通夜で一晩中、線香を絶やさないしきたりは、死体から出る腐敗臭を消す役割と、ハエやゴキブリなどの害虫の侵入を防ぐ役割があるんです。

葬儀に関する質問、疑問などありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

また、弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。