館林・大泉市民葬祭 > 2021年 > 9月

永代供養墓とは、簡潔に言うと、親族などお墓参りをしてくれる人がいない故人を代わりにお寺が永代にわたり、供養、管理をしてくれるお墓のことです。このお墓は、基本的に他の方と同じ納骨室に安置されるので、

  • 合祀(ごうし)墓
  • 合同墓
  • 合葬(ごうそう)墓
  • 共同墓
  • 集合墓
  • 合葬式納骨堂

などの名前があります。

お寺によっては、

  • 永久供養塔
  • 倶会一処(くえいっしょ)墓
  • 永代納骨堂
  • 生前個人墓永代供養廟(びょう)
  • 永代納骨廟
  • 永遠墓

などの呼び方が存在します。

お寺が永代に遺骨の管理、供養をしてくれるので、個人墓でなければ墓石代は必要なく、墓地の使用料も割引になります。なので通常のお墓よりも、費用が安いのが特徴です。永代供養墓の料金は、一式で10万円から100万円以上とバラバラです。これは、納骨の方法や形式によって異なるからです。基本的な平均は、30万円から50万円くらいが妥当だと思います。また、永代供養墓にかかる料金を一度払ってしまえば、のちに管理費やお布施、寄付金を渡す必要はありませんが、生前に申し込む場合は、年会費か護寺費、年間管理費が必要なお寺もあるので、事前に確認しておくことも必要だと思います。また、永代供養墓であれば、生前の宗旨宗派は関係なく、宗旨宗派にこだわる必要もないのが特徴です。ですが、少数派になりますが、お寺の中には、宗派を再び信仰することを条件に設定しているお寺もあるので注意が必要です。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

大泉外二町斎場で通夜告別式をお考えの方は館林・大泉市民葬祭にお任せください。このコロナ禍で一般の方にも最期のお別れに来て頂きたいと願うご喪家様にはコロナ感染防止対策をしっかりとご提案させて頂き、サポートいたしますのでご安心ください。入り口では必ず消毒とマスク着用をお願いし、ご一般様には受付の後すぐにお焼香し故人様のお顔を見ていただいたら速やかにお帰りいただくようご案内いたします。会場は広いので座席を一つ空けての着席、式場の換気、焼香時に込み合わないようスタッフがご案内いたします。他にもご希望や状況によりご提案させて頂きます。事前相談も承っておりますのでぜひ一度後連絡ください。電話は0120−077−009まで24時間で対応いたします。

四十九日法要は、死後49日後に執り行う法要で、「忌明け」「仕上げ」「満中陰」などさまざまな呼び名があります。初めて四十,九日法要の手配をする人はどうしてよいかわからなくなるかもしれませんので、四十九日に必要な準備と手配をご紹介致しますので、ご参考にして頂ければと思います。

〇法要の手配

① 日時や場所の手配
日時は寺院と相談して決めましょう。
場所は、自宅、寺院、葬儀会館などさまざまです。法要後の食事への移動も考えて選びましょう。

② 法要料理の手配
法要場所に配達してもらうか、料理店に出向くかのいずれかです。

③ 引き物の手配
法要に参列いただいた方々への引き物を手配しましょう。通常1つの世帯に1つの品物を差し上げます。また、同時に位牌や仏壇、お墓や満中陰志の準備も必要であれば行います。

〇位牌の手配

葬儀の時の白木位牌は死後49日間の仮の位牌です。法要までに本位牌を用意しましょう。
本位牌には塗り、総金、唐木、モダン位牌など様々な種類がありますので、好みのものを揃えましょう。死者の性根は仮位牌から本位牌へ移され、仮位牌は寺院が引き取り、本位牌を仏壇で末永く祀っていきます。

〇仏壇の手配

仏壇のない家は仏壇も用意しましょう。
位牌は仏壇に納めて祀ります。位牌は仏壇の大きさに合わせてサイズも異なりますので注意しましょう。

〇お墓の手配

すでにお墓があって、四十九日法要の時に納骨する場合、墓石に故人の戒名や命日などを刻んでもらいましょう。
お墓がない方が、新しくお墓を建てるタイミングは一周忌や三回忌が多いようですが、四十九日法要までに建立される方もいるようです。いずれにせよ、早めに石材店に出向きましょう。

〇満中陰志の手配

満中陰志はあくまでも香典返しの品物なので、葬儀時に「即日返し」の方法を採られた場合は不要となります。とはいえ、お香典が高額だった方には即日返しの品物では不足でしょうから、改めて満中陰志として品物をお送りします。通常、法要翌日から一週間後には先方に届くように手配します。

館林・大泉市民葬祭は、葬儀後のサポートも承ります。お困りの方は是非ご相談ください。また、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。弊社では、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

上記の公営斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

行田市にお住まいの方は行田市斎場を市民料金で利用する事ができます。行田市斎場は公営施設で図書館や公民館と同じように低価格で市民なら誰でも使用する事ができます。式場と火葬塔が併設されていますので移動も最小限ですみますので、会葬者に高齢者がいるご喪家にはおすすめです。場所もわかりやすく、認知度も高いため来ていただく会葬者様も迷う事なく来場できるかと思います。市民のための公営斎場、ぜひご利用ください。館林・大泉市民葬祭では公営斎場を利用してのご葬儀プランを低価格でご用意しております。料金は全て明瞭会計で納得していただいてからご請求いたしますので、俗に言うぼったくりは一切ございません。安心してお任せください。広範囲に対応いたしますのでぜひ一度無料見積もりにてご

「後返し」とは葬儀を終えた後に品物をお送るするという方法。
「即日返し」というのは、葬儀場で参列者に品物をお送りするという方法。
従来は、後返しが一般的な形でした。後返しは「満中陰志」とも呼ばれ、お香典のお返しと、四十九日法要(満中陰)を無事に済ませたことの報告も兼ねたものです。ただ、昨今では施主の負担を軽減させる意味で即日返しを選ばれる方が増えています。

【後返しのメリット】

〇四十九日法要に来られない方々に無事に済ませたことを報告ができる。丁寧な対応。
〇お香典の額にあわせて一人一人に品物を選ぶことができる
〇一人一人の自宅に発送するために、葬儀時に、参列者の荷物にならない

【即日返しのメリット】

〇香典金額の整理や、商品選定や、発送先のリスト作成などの手間が省ける
〇選ぶ商品にもよるが、後返しより安く済むことが多い

最近では即日返しも認知されてきています。
とはいえ、そのような風習のない地域でこれをすることによって、ひんしゅくを買うこともあるので、地域性に関してはそのつど館林・大泉市民葬祭までご相談下さい。

本来の意味合いで言えば、葬儀に参列して下さった方に、その後の法要を無事に終えたことをお知らせするものですから、後返しの方が丁寧であるのはいうまでもありません。
「香典帳の整理が大変」だと思われますが、それを代行してくれるギフト業者はたくさんありますし、商品選定も、金額別のカタログという方法もあります。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

小山聖苑で一日葬をお考え方にはぜひ館林・大泉市民葬祭の会員割引をご利用ください。無料で登録させていただき、ご葬儀費用から割引サービスさせていただきます。残されたご家族様のこれからを優先しどこよりも低価格でご葬儀を提案させていただきます。必要なものを全てセットにした一日葬プランは281,600円〜さらに会員様はここから1万円値引きでご用意しています。その他かかる費用については誰にでもわかるように詳細にご説明し、ご納得いただいた上で請求させていただきますのでご安心ください。事前会員登録は0120−077−009までお電話ください。24時間体制でお待ちしております。

明和町・板倉町にお住まいのご喪家にはご自宅での家族葬をお勧めしております。葬儀のために移動する必要がないのでご高齢のご家族様には負担が少なく、何より故人様が長年住み慣れたご自宅、思い入れも大きいかと思います。病院や施設で最期を迎える事となった故人様は特にご自宅に帰りたいという願いをお持ちだった方が多いのではないでしょうか。館林・大泉市民葬祭では費用をかけずにご葬儀を提案させていただきます。事前相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。電話は0120-077−009まで。お待ちしております。

自分の宗派がわからないケースはよくあります。昔と違い、現代はご自分の宗派がはっきりわからない、という方は多くいます。特にお墓がなかったり、ご先祖様がいないケースなのですが、このような場合は、自分の宗派を実家の宗派に合わせるのが最も多い形です。実家の宗派については、実家や親類に尋ねるとわかるケースがほとんどです。ただし、宗派の合わせ方にも注意しなくてはいけない点もあります。例えば、自分の母親が他界したとします。このケースでは、母親の実家の宗派でお葬式をするのではなく、母親が嫁いだ先である、父親の実家の宗派に合わせます。父親が亡くなったのであれば、当然、その父親の実家の宗派に合わせてお葬式を行います。ただ、婿養子の場合は、実家が母親側になるので、そちらの宗派に合わせます。ですが、必ず宗派を合わせなければいけないのか?と疑問に思う方もいると思いますので、合わせる必要はないのです。故人が「自分は自由葬を希望する」などの遺言があり、遺族がそれに従いたい場合、無理に実家の宗派に従う必要はありません。同じく、あなたが亡くなった時に「実家の宗派に従わない」と遺言として残していれば、遺族は実家の宗派に沿う必要もありません。ただ注意点として、「後に残された遺族が亡くなった時、その前の方が宗派に従っていない葬儀をした場合、菩提寺が受けつけてくれないケースもある」ということを覚えておきましょう。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

昨晩は美しい中秋の名月になりました。古来から人の生命は月に関係しているなどと言われているそうです。

大切な家族を亡くし、最後のお別れまではほんの数日、大切な時間です。最後の時を後悔なくゆっくりと過ごしていただけるように、ご喪家様のご意向を大切にしながらしっかりとサポートさせていただきます。

もしもの時は館林・大泉市民葬祭にお任せください。費用面でも不安のない低価格の公営斎場を利用しての葬儀をご提案いたします。ご連絡は0120-077-009まで。24時間で対応させていただきます。

法要のお葬式のお花の分類は、供花、弔花、献花、枕花、仏花の5つに分けることができます。ただ、これらは英語では‘sympathy flower(シンパシーフラワー)’という名前で統一されます。これには、花は共感するためのものという意味が込められ、故人と遺族、また、故人と参列者、遺族と参列者からの故人への気持ちを共に感じるためのものだと考えられます。お葬式や冠婚葬祭の簡素化、物理化することが多くなってきた今、故人へ、花を手向ける習わしは、昔から根強くむしろ強くなっていると思います。生花を使用した祭壇を作る技術が進み続け、切り花を枯れづらくするための工夫も日々、進歩しています。また、ブリザードフラワーと呼ばれる、樹脂を使用し加工した枯れない生花も誕生し、利用者は日々増え続けています。

昨今、人気が高まっている家族葬や自然葬などの小さなお葬式が増える裏で、御花を手向けて気持ちを表すという行い方や、故人を想う強い気持ちなど、様々な理由とマッチングしていると思います。故人が、綺麗な花で囲まれながら、旅立ちを迎えられるように、気を配る日本独特の感性は、故人へ花を手向ける習わしを忘れることなく、根強く、これからも末永く受け継がれていくことでしょう。

お葬式を開くときには、葬儀社に予算を相談し、用意してもらうと確実に故人をきれいなお花と共に送り出すことが出来ると思います。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

過去の5件