館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 1日葬(ワンデー)の注意点

一日葬(ワンデー)と呼ばれる葬儀は、通夜を執り行わず告別式から火葬までのすべてを一日で済ませる形のお葬式です。一日葬で勘違いされやすい注意点として、告別式しかないからと費用も半分になるのではないか、と思われるケースです。祭壇飾り(花祭壇)、またお布施は一日葬だからといっても半分になるわけではありません。僧侶に来てもらったのであれば、当然、通常額のお布施を包む必要があるのです。

節約できる費用は通夜料理の費用、また参列して頂いた方への返礼品などの項目になり、すべてに当てはまるわけではないことに注意しましょう。 (昨今はコロナ禍の影響もあり、通夜料理を控える方が増えています。その為、通夜料理の代わりに会葬品を返礼品とは別にご用意される方が大半です。)

また、菩提寺によっては、一日葬を認めていないケースもあり、受け付けてくれない場合もありますので、これも注意点になります。

なので、一日葬と一般葬という違いや内容をしっかりとイメージしておくことが大事です。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。