館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 自宅で遺体を発見した時にとるべき行動とは。

日本人の70%は病院で亡くなっていますが、残りの30%程度の方が自宅で息を引き取っているとされています。仮に、自宅で家族や知人が亡くなっているのを見つけた場合、どのような行動をとればいいのか。先ずは、救急車を呼ぶことです。それは、遺体が自宅にあっても、自宅で亡くなったことを証明する手段がなく、トラブルの原因になる可能性があるからです。救急車が到着後、病院に搬送するか、しないのかが判断され、蘇生が不可能だと判断されれば、警察が調査に来ることになります。警察は、現場検証後、問題がなければそのまま帰ってしまいます。 なぜなら、どのような状況でも、死亡届をだすには、死亡診断書が必要になるからなんです。基本、死亡診断書は医師しか発行することができ ないので、自宅で亡くなっていても、病院にて死亡確認をすることになるのです。そして、医師に死亡を宣告された後に、葬儀社へ連絡をし、お葬式の手配をするという流れになります。

儀に関する疑問や質問などがありましたら、館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

弊社は公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は館林・大泉市民葬祭までご連絡ください