館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 供花にも個性を出すことができる時代

以前は、お葬式の一部として考えられ、決まった供花が使われることが多かったのですが、今では、祭壇を自由に彩れることなどから、以前は使うことのできなかった色とりどりのお花を供えるようになりました。一人一人のお気持ちが、宗教の習わしよりも重要とされつつあるということが分かります。

現代を生きる人の好みに合わせたものと、古いもの、どちらも故人の生きた経験を湛え、亡くなった後の冥福と安息を心から祈ることには変わりません。

時代の流れに沿って変化しているお葬式と、それに伴って変化しているのが供花なのです。

その一番いい所は、現代の柔軟なお葬式と昔からあるしきたりに習ったお葬式、この2つから良いところを抜き取って、より故人が喜ぶようなお見送りをできる所だと思います。

館林・大泉市民葬祭では、お葬式の関する相談など無料にて承ります。質問、疑問などなんでもご相談ください。

また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場でのご葬儀は

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。