館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 直葬での遺体安置について

遺体安置とは、亡くなった方を指定された場所に安置することです。息を引き取った場所が病院なら、霊安室で安置されます。ですが、病院で亡くなっても、すぐにご遺体を搬送しなければなりません。自宅で安置できる場合は、故人様がいつもいた部屋、親しんだ部屋で安置するのが一般的となっております。また、自宅での安置が難しい方は、葬儀社の安置スペース、又は、斎場で借りることもできます。注意が必要なのは、安置料として1日単位で料金が掛かることです。安置料金は葬儀社、斎場によって異なります。

よくお客様に、『直葬希望なんだから、すぐに火葬場に移動して火葬してよ!』と言われることがありますが、法律で故人が感染症にかかっている場合以外、24時間以内に火葬することが出来ないと決まっているんです。ですので、直葬でもご遺体を安置しなければならないのです。なので、最低でも亡くなってから2日間はあけましょう。この2日の計算方法は、死亡した日を1日、その翌日の火葬日を2日目と計算します。直葬での遺体安置は、火葬までの時間を空けることが目的です。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。