館林・大泉市民葬祭 > 2021年 > 11月

よくこう言った質問をされますが、そうはいかないのが現実です。と言いますのも、祭壇やお棺といった葬具類も、1日利用だから、2日利用だからと言って、ご用意させていただくのは同じものですから、安くなる、という訳にはいかないのです。これらは、寝台車、霊柩車、火葬料などにも言えることです。また、料理や返礼品も、日数ではなく参列者の人数で増減しますから、一日葬にしたからと言って一概に安くなるとは言い切れません。公営斎場は、場所によっては時間貸しで利用できますので、式場利用料は安くなる所もあります。費用を抑える項目としては、ドライアイスの回数やスタッフの人件費くらいではないでしょうか。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。また、疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

鴻巣市,北本市,桶川市にお住まいの方で県央みずほ斎場で葬儀をお考えの方は館林・大泉市民葬祭にお任せください。必要なものだけをセットにした低価格の3つのプランをご用意しておりますので、ご家族様のご希望にあったプランをお選びください。葬儀告別式を行わずお別れして火葬を行う「シンプル火葬式プラン」は96,800円〜です。プランにはお棺、仏衣、骨壺、役所手続き、市内搬送、案内スタッフがセットになっております。その他お別れ花、遺影写真、料理や返礼品など必要に応じてご用意いたします。費用については詳細にわかりやすくご説明いたします。安心してお別れができるよう誠心誠意お手伝いさせて頂きます。電話は0120−077−009市民葬祭まで、24時間受け付けております。

疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

皆さんがお住まいの各地域には公営斎場があると思います。そちらを利用すれば安価で便利な葬儀を執り行う場所の確保ができます。ご葬儀についても質素に執り行うことも可能ですし、大勢お招きすることも可能です。また、昔ながらの儀礼的なご葬儀も可能であれば、新しい個性的なご葬儀も可能です。

混雑する時がなかなか困ってしまいますが、安価で手間が少ないのがなによりの利点です。人生の中で何度とお世話になることのないであろう公営斎場を、正にその時有効利用しない手はないと思います。ですので館林・大泉市民葬祭は公営斎場を利用したご葬儀を推奨しております。

疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

佐野市にお住まいで家族葬をお考えの方、ご自宅葬はいかがでしょうか。故人様が慣れ親しんだご自宅で大切にしてきたご家族様で静かに最期のお別れができる自宅葬。メリットがたくさんあります。斎場を利用する事がないので斎場利用料金がかからず、自宅から火葬場まで1回の移動で済むので搬送費もコストカットできます。費用を抑えたい方には是非一度、ご自宅葬での見積もりでご確認ください。館林・大泉市民葬祭では残された御家族の今後を考え、低価格での葬儀をご用意いたします。 お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。また、疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

通夜、葬儀に参列することが出来ないときに送るお悔やみの手紙を書く時には、お悔やみの手紙と一緒に御香典を不祝儀袋に包み、現金書留の封筒で送りましょう。また、お悔やみの手紙を書く時には、白い無地の便箋を使い、濃い青のペンか黒のペン、もしくは、毛筆(筆ペン)を使用しましょう。このとき、手紙の前置きとなる季節の挨拶や、頭語(拝啓、謹啓)、結語(敬具)などは必要ありません。お悔やみの手紙を書くときには、悲しみや驚きの気持ち、お悔やみの言葉、参列出来ないことへのお詫びの言葉、香典を郵送する旨、冥福を祈る言葉の5つで構成するように意識しながら書くと良いです。

疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。

また、館林・大泉市民葬祭では、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

公営斎場での葬儀がお得で安心!5つの理由

①式場費が安い

公営斎場は、住民向けの行政サービスであるために、大変安価に利用できます。

②白木祭壇

式場に白木祭壇が常設されていることも多く、その費用も式場費に含まれるので葬儀費用を節約できます。

③出棺が不要

公営斎場は火葬場併設の斎場のため、出棺が不要。霊柩車やマイクロバスの費用も節約できます。

④充実した設備

安価なのに建物設備が充実しているのが公営斎場の魅力です。

⑤分かりやすい立地

市民にとっても最も認知されている斎場が公営斎場です。葬儀の案内もしやすく、参列の際にも迷うことが少ないでしょう。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。また、疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

手元で供養する「手元供養」という供養法ですが、その場合は部屋に合うように加工したり、ミニ骨壺を利用するのが一般的です。ただ、現在はペンダント、指輪、ブローチ、ブレスレットなどのアクセサリーに遺骨を加工して自分好みの形で手元に置くことができます。また、アクセサリーへと加工すれば、肌身離さず、共に生活することができ、お守りとしての意味合いも込めることができます。

アクセサリータイプのものは、内部に遺骨をそのまま収めることができるものと、遺骨を加工し、アクセサリーとして変身させるタイプの2種類に分けられます。内部に遺骨を詰めるデザインのものは、入れれる遺骨の量がバラバラなのではっきりとは言えませんが、大体、米粒1個から3個くらいが基本的な量です。どの場合も形のある状態では、入れることが難しいので遺灰にして入れます。加工するタイプのものは、ダイヤモンドや樹脂に変身させ、ペンダントヘッドとして使うことが多いようです。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。また、疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

お別れ葬プランは、お通夜・告別式を執り行なわないご葬儀となっております。必要最低限の内容と費用で、斎場内火葬場の炉前にて故人とのお別れを執り行うプランです。最もシンプルなプランですが、セレモニースタッフによるお手伝い、役所・斎場の諸手続きなど充実した内容のプランです。

館林市斎場の場合・お別れ葬プラン

96,800円+火葬費用(館林市民の方は無料)+待合室代金 1,100円

プランに含まれる項目で、葬儀一式が執り行える内容になっておりますが、ご要望に応じ臨機応変に対応させて頂きますのでご安心ください。

その他の公営斎場でのお別れ葬も執り行っております。

大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

家族葬は簡単な葬儀というイメージを持つ方が多いですが、それは大きな間違いです。場合によっては、通夜をせず簡単に行われる家族葬ももちろんありますが、「葬儀」であることに変わりありません。なので、服装も一般葬と同じようにしなければなりません。

男性は黒に近い色のスーツ、白シャツ、黒ネクタイ、黒い靴下、黒い靴を用意しましょう。

女性は、肌の露出の控えた地味めな平服、光沢のあるアクセサリーや派手で目立つようなものは外しましょう。

そして、男女ともに数珠を絶対に忘れないようにしましょう。

その他のマナーに関しては一般葬と同様ですが、始めに言ったように家族葬も葬儀です。場所によって、しきたりや習慣があるのでその場所の習慣やマナーに不慣れで心配なことがあるときには、葬儀が始まる前に確認し、失礼のないようにしましょう。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。また、疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

家族葬とはいっても、明白な決まりはありません。イメージ的に家族葬は御香典を受け取らない、用意しなくてもよいというケースが多いですが、全てが御香典不要ではないのです。御香典不要の家族葬が多いからと、「家族葬だし香典もっていかなくていいや」と勝手な判断をしてしまうと、いざ到着したときに恥をかいたり、失礼になる事もあるので注意が必要です。香典が必要かどうかは、家族葬のお知らせハガキなどで確認することが出来ます。「御香典はご遠慮させていただきます」などの記載があれば用意せず、なければ、香典を用意しましょう。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。

過去の5件