館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 時代の変化と共に変わる葬儀の内容

現在の日本では、小規模な葬儀を希望する方が増え、家族葬を希望する方が全体の7割までに上がっていると言われています。人口が減り、高齢化が進んだ未来を考えると、費用が多くかかる一般葬よりも、小規模で費用の少ない家族葬は、さらに人気が出ると思います。時代の変化と共に、故人の送り方も変化しています。昔は村や周りの共同体同士で送るのが主体でしたが、今は土葬から火葬に変わり、住んでいる場所も、家族の生活スタイルも変わっています。そのような環境変化の中で、誰しもが周りとのつながりを深く持っている訳ではないのです。こういった時代背景の変化もあり、故人を送る時も、とても親しい方のみを呼ぶ家族葬の割合がどんどん伸びているのです。館林・大泉市民葬祭では、1日のみで執り行う1日葬プランから、お通夜・葬儀告別式と2日間で執り行う家族葬プランまで、ご提案させて頂いております。また、親しい方のみで執り行う自宅葬も推奨しております。事前相談や葬儀に関するご質問など御座いましたら、どんな些細な事でも結構ですので、なんでも私達にお聞きください。

館林・大泉市民葬祭では、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。