館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 会館や自宅ではなく、お寺で葬儀ってさせてもらえるのか?

ご質問ありがとうございます。今回は会館や自宅ではなく、お寺で葬儀ってさせてもらえるのか?という質問に答えたいとおもいます。

お寺で葬儀には、お寺が管理運営されている葬儀会館を利用するか、お寺の本堂で葬儀するかの2つのパターンがあります。お寺が管理運営されている葬儀会館を利用する場合は、基本的には、使用料さえ支払えば、檀家に限らずどなたでもご利用いただけます。また、お寺の本堂で葬儀をする場合は、原則檀家の方に限られるでしょうし、なにより、本堂での葬儀を受け付けないお寺の方が多いですし、住職の許可が必要となります。この、本堂での葬儀はいくつかの問題点もあるからです。

①お寺の構造上の問題:お寺と葬儀会館と同じように考えてはいけません。そもそも葬儀は自宅で行われるものでした。それが外注化が進み葬儀会館が進化してきました。ですから葬儀会館には遺族が過ごしやすい控室があり、お風呂やシャワーがあり、さまざまな設備が整っています。ところがお寺ではそうはいきません。そもそもお寺の建物自体が葬儀を受け入れるために作られていないのです。

②お寺は寺族の生活の場でもある:お寺という場所は檀信徒の礼拝所という公共財であるのですが、同時に寺族たちの生活の場でもあります。本音として、お寺で葬儀をされることを敬遠する方はたくさんおられるでしょう。葬儀を執り行うとなると、親族や参列者、業者の車などの出入りも生じてしまいます。お寺の中だけでなく、近隣の方々の理解も必要となるでしょう。そうした要素をお寺として受け入れられるかはお寺個々の考えによって大きく異なることです。それでも、本堂での葬儀を受け入れて下さるお寺様もいますので相談してみるのもいいと思います。

わたくしども館林・大泉市民葬祭でも施工実績はあります。
特に最近では家族葬が多いので、お寺としても受け入れにそこまでの負担がかかりません。とはいえ、考え方は本当に様々です。祭壇ひとつとっても、寺院の内陣のお飾りの前に柩を置けばいいという方もあれば、本堂の飾りを幕で隠して、その前に葬儀社が新たに祭壇を拵えなさいとご指示されるお寺もあります。とはいえ、厳粛な雰囲気の中で執り行われる葬儀には、葬儀会館では感じることのできない深みがあり、もしかしたらそうした宗教の力こそが、悲しみにくれる人たちのグリーフケアになりうるのかもしれませんね。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場

ご葬儀は館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。