館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お悔やみの手紙を書くときに意識すべき5つのこと

通夜、葬儀に参列することが出来ないときに送るお悔やみの手紙を書く時には、お悔やみの手紙と一緒に御香典を不祝儀袋に包み、現金書留の封筒で送りましょう。また、お悔やみの手紙を書く時には、白い無地の便箋を使い、濃い青のペンか黒のペン、もしくは、毛筆(筆ペン)を使用しましょう。このとき、手紙の前置きとなる季節の挨拶や、頭語(拝啓、謹啓)、結語(敬具)などは必要ありません。お悔やみの手紙を書くときには、悲しみや驚きの気持ち、お悔やみの言葉、参列出来ないことへのお詫びの言葉、香典を郵送する旨、冥福を祈る言葉の5つで構成するように意識しながら書くと良いです。

疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。

また、館林・大泉市民葬祭では、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

館林市斎場大泉町外二町斎場小山聖苑メモリアルトネ県央みずほ斎場佐野斎場葛生火葬場古河市斎場

お問合せは館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。