館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お寺様にお布施と一緒にお渡しするお車代とお膳料は、どうして必要なのか?

ご質問頂きありがとうございます。今回は、お寺様にお布施と一緒にお渡しするお車代とお膳料は、どうして必要なのか?とに問いに答えていきたいとおもいます。

お布施というものの本質的な考え方は、「お気持ち」です。お布施は、施主の寺院への御礼の気持ちを金銭に代えてお渡しするのですが、現代ではこれが形骸化してしまい、「形」ばかりが、つまり、しきたりや相場ばかりが先になってしまっています。「心」と「形」の2つがあるとするならば、「心」が置き去りになって「形」ばかりが重要視される葬儀の現場になっている、ということです。

本来は、お寺様をお迎えに上がって斎場までお連れする。葬儀が終わるとまたお寺様を寺院までお送りする。この手間を省いて金銭に代えたのが、「お車代」です。また、葬儀の後はみなさまも懐石料理などを用意して食事をされますが、お寺様にも同席していただいてふるまうものでした。それを金銭に代えたのが、「お膳料」です。

お車代やお膳料を用意するしないは施主様のお気持ち次第です。

ただ、お車代やお膳料といった「形」に、お寺様を敬う「心」、お寺様に感謝する「心」が込められて出来上がった慣習であることを、分かって頂ければとおもいます。

館林・大泉市民葬祭にご縁を頂いたお客様には、形だけのお葬式ではなく、心の伴ったお葬式をしていただきたいですし、そのようなお手伝いができるよう、日々努めていきたいと思っております。

また、館林・大泉市民葬祭では公営斎場での葬儀式を推奨しておりますので、場所にかかわらずご相談頂ければとおもいます。

館林市斎場, 大泉町外二町斎場, 小山聖苑, メモリアルトネ, 佐野斎場, 葛生火葬場, 古河市斎場, 県央みずほ斎場

ご葬儀の相談は、館林・大泉市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。