館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お亡くなりになった場合の搬送から安置

病院で亡くなった場合、長時間安置しておくことが難しく、すぐに葬儀社に連絡をし、寝台車を手配しなければなりません。そして、御遺体をどこに搬送するのか事前に伝えなければなりません。連絡の際は、葬儀社に「病院名」「住所(病棟など)」「故人の名前」「搬送先住所」を伝えます。また、ご自宅への安置ができない方は、安置施設もございますので、ご相談していただければと思います。

搬送後、ドライアイスを入れたのち、枕飾りやお供え物の準備をします。枕経を頼んだのであれば枕経終了後、末期の水をとります。古い言い伝えで、人は亡くなるときとても喉が渇くという言い伝えがあります。末期の水の取り方は、割りばしに水を含ませ、唇を軽く湿らせるのが一般的なやりかたとなっています。

館林・大泉市民葬祭では、事前相談も承っておりますので、なんなりとお問合せください。

24時間対応 0120-077-009 まで。

また、弊社では、公営斎場をお使いになり、葬儀式を執り行うことを推奨しております。

エリアにかかわらず対応いたしますのでご相談ください。

館林市斎場, 大泉町外二町斎場, 小山聖苑, メモリアルトネ, 佐野斎場, 葛生火葬場, 古河市斎場, 県央みずほ斎場

ご葬儀・火葬式(直葬)のご相談は、市民葬祭0120-077-009までご連絡ください。