館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 葬儀相談 > 葬儀事例 > 近親者や家族のための時間を作れる家族葬

仏教様式で行われる家族葬は、通夜と告別式が内容に組み込まれているケースが多くあるので、小規模な葬儀を希望するけど、直葬にはしたくないという方にオススメの葬儀です。弔問者との時間を省き、故人と近親者、家族のための時間を作ったりなど、時間が一般葬に比べて多くあるので、仏教形式でも、満足いくの葬儀を行うことが出来ます。また、無仏教方式で行う家族葬は、故人のこだわりが伝わるような葬儀を希望する遺族が多く、祭壇に仏教色を使用せず、花などで華やかな祭壇にする方も多くいます。無仏教は、菊や白にこだわらずとも、故人の好きな花や、好みの色で祭壇を作ることも可能なので、趣味で集めたものなどを飾るスペースを作ることもできるのです。ご葬儀の相談は、館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 まで。