館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 直葬でも遺体安置が必要

遺体安置が必要な理由を知っていますか?

直葬を希望する方の多くは、「直葬なんだから、すぐ火葬場へ移動するもんだ」と思っている方が多いです。ですが、日本の法律で‘死亡宣告後すぐに火葬することは不可能だと定められます。

なので、直葬のお葬式をする場合には、注意が必要です。

最低でも、亡くなってから2日はあけましょう。

この2日の計算方法は、死亡した日を1日、その翌日の火葬日を2日目と計算します。

日本の法律で故人が感染症にかかっている場合以外、24時間以内に火葬することが出来ないのです。直葬での遺体を安置する理由は、これです。直葬での遺体安置は、火葬までの時間を空けることが目的となっております。

現在、直葬はとても人気のある葬儀です。

直葬であれば、費用もおさえることができ、尚且つ、一般的な葬儀で必要となる準備などがなく、遺族の負担も抑えることが出来ます。ですが、直葬には問題もあります。

いざ、直葬にて、火葬を行おうと思っても、火葬場が空いていないことがあるのです。

地域にもよりますが、火葬場の予約が取れないことがあります。この場合、もともと、火葬するまで予定していた1日よりも多く遺体を安置しなければならない可能性が出てくるのです。

火葬場の予約が取れない可能性も視野に入れ、葬儀社への相談をしておくといいでしょう。

葬儀に関するご質問、お問合せは 館林大泉市民葬祭 0120-077-009 まで ご連絡ください。