館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > お葬式のマナー①ネイル

お葬式に参列する時には、様々なマナーを守らなければなりません。

その中で、女性がヘアスタイルの次に気になるのは、ネイルではないでしょうか?

では、お葬式前にしていたネイルはどうしたらいいのか?

お葬式は突然のことなので、オシャレなネイルをしていても、お葬式の場では、工夫をしなければなりません。マニキュアであれば、除光液で落とせばいいですが、サロンでネイルをしてもらっていると自分で落とすことは難しいです。また、サロンでしてもらうネイルはジェルネイルというもので、一層ずつ固めていき、3週間から1ヵ月ほど長持ちするものです。

実際、ネイルサロンへ「お葬式があるからネイルをどうしたらいいですか」という問い合わせの電話があるそうです。ですが、お葬式は突然のことなので、その日に対応してくれる場所は案外少ないものです。なので、サロンでは「上からマットなベージュを塗ってカバーしてみてはどうですか?」と提案しているそうです。マットなベージュは、光沢のない皮膚に近い色のベージュです。

このように自分でベージュを塗ったり、対応することは出来ますが、基本的にはサロンへ向かい、オフネイルをしたほうが良いでしょう。また、ネイルの上からマニキュアを塗る場合は、アセトン成分が入っていないアセトンフリーと書いてあるポリッシュリムーバーを使いましょう。これを使うことで、元々してあるネイルを傷つけることなくマニキュアを落とすことが出来ます。

葬儀に関するご質問、お問合せは 館林大泉市民葬祭 0120-077-009 まで ご連絡ください。