館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 葬儀相談 > 葬儀事例 > 一日葬のメリット

一日葬とは、お通夜を執り行わず告別式から火葬までのすべてを一日で済ませる形のお葬式です。

  • 火葬式では寂しいけど、葬儀が2日だと時間的・体力的に厳しい

  • 経済的な事情がある

などの事情がある方が、以前は多く執り行っていたお葬式ですが、コロナ禍の昨今は、近親者の間だけで訃報を知らせ告別式に参列して頂けるお葬式(一日葬)が大半を占めるようになってきました。火葬式とは違い、故人様との最後のお別れのお時間を持つことができるので、需要が増えているのだと思います。

一日葬で勘違いされやすい注意点として、告別式しかしないので費用も半分になるのではないか、と思われるケースです。お布施は一日葬だからといっても半分になるわけではありません。僧侶に来てもらったのであれば、当然、通常額のお布施を包む必要があるのです。節約できる費用は通夜料理の費用、また参列して頂いた方への返礼品などの項目になり、すべてに当てはまるわけではないことに注意しましょう。

館林市斎場・大泉外二町斎場・その他、公営斎場のご葬儀のご相談は

館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 までご連絡ください。