館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 初めての葬儀。どうしたらいいのでしょうか?

大切な家族を失い深い悲しみの中で、たとえ突然のことであっても取り乱さず、落ち着いて適切な判断と行動を心掛けましょう。そして見ず知らずの方と接する機会もあるかもしれませんので、失礼やご迷惑をかけることのないよう気配りもしなくてはなりません。

宗教や地域性により決まりや作法が異なってきますが、先ずは、故人の本籍を調べておきましょう。これがわかっていれば様々な状況に迅速に対応できます。また葬儀には「このようにしなければいけない」ということは一切ございませんので、形式については気にしてもしなくてもいいと思います。

・喪主を決める

古きのお葬式は「故人の後継者のお披露目」という場であり、故人亡き後の家長に相当する親族が喪主を務めるのが一般的でした。核家族化が進み葬儀の規模も縮小傾向にある今、喪主は故人との関係性から決定されることが多くなってきました。故人の配偶者、子、或いは親と、故人との血縁関係から喪主を決定するのが一般的な流れとなっています。

・喪主の役割

ご葬儀の日時・場所・内容・費用の決定、関係者や葬儀社との打ち合わせや相談、葬儀全体を把握しつつ弔問・会葬者への気配りや挨拶など、多岐に渡る役割がございます。しかし昨今の葬儀事情では「形式上としての喪主を選出し、実際の責任者は別の方」というケースも増えております。

例えば「形式上の喪主は故人の配偶者(妻)、実際の責任者は子(息子)」、という形です。喪主を務めるには精神的・体力的な部分で高齢の為難しいので、一番縁が深い故人の妻を形式上の喪主として選出し、実際の喪主としての役割は息子が負うというものです。決定権を持つ人を選出しておかなければ、ご葬儀を滞りなく執り行うことは難しいからです。ご葬儀全般の事項に関わり決定を下すということはなかなか難しいので、ご遺族の中で分担しながら喪主をサポートしていくのが近年の一般的な形になっております。

変わりゆくご葬儀の形態の中で、喪主としての選び方や役割とその状況も様変わりしてきています。大事な方のご葬儀に於いて「決定と責任を負い、弔問・会葬者への顔」となる喪主という立場ではございますが、お葬式を執り行う方は誰しもが不安でいっぱいです。喪主に慣れるということは現実的にとても難しく、お葬式を無事に終えたとしても心身ともに疲弊しきってしまうと思います。特に喪主という立場は「気疲れ」というものが付いて回ります。

初めて迎えるご葬儀でもそうでなくとも、大事なことは終えた後に「後悔」という思いだけは残さないようにして下さい。

館林・大泉市民葬祭では、ご不安な皆様のお役に立てるように、一丸となって全力でサポートいたします。

館林市斎場・大泉町外二町斎場・小山聖苑・県央みずほ斎場・メモリアル・トネ

その他、公営斎場での ご葬儀のご質問・ご相談は 0120-077-009 までご連絡ください。