館林・大泉市民葬祭 > 2023年 > 8月

■相続の放棄

死亡後、10ヵ月以内に手続きをするようにしましょう。手続きをする場所は、被相続人(亡くなった方)の住所地や税務署にて行うことが出来ます。この手続きは、申告書と相続続人(亡くなった方)の戸籍謄本と除籍謄本、印鑑証明書が必要です。また、相続する財産が決められた除外額以下であれば、納税、申告共に必要ありません。

館林・大泉市民葬祭では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。

ご葬儀の質問・ご相談は 館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 までご連絡ください。

館林市斎場(群馬県館林市苗木町2487)で行うご火葬(直葬)を行う場合は 館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 にお電話下さい。市民葬祭の シンプル火葬式 ( 直葬 ) 96,800円~ は ご火葬( 直葬 )に必要なお棺・骨壺・骨箱・市内搬送・仏衣・役所手続き・火葬場での案内スタッフが含まれた料金になります。お葬式を行わずご火葬で送る方やお別れ会を行う方向け ※ 深夜・早朝でも病院・介護施設・警察署のお迎えにも対応致します。

その他の葬儀プラン 

告別式のみのご葬儀 一日葬プラン 281,600円+館林市斎場料金

ご家族中心のご葬儀 ファミリープラン 327,800円+館林市斎場料金

上記プランには、葬儀に必要なものが含まれた セットプラン になっております。 お棺、骨壺、骨箱、仏衣、白木位牌、ドライアイス(1回) 役所手続き、市内搬送(1回)スタッフ1名、葬祭用具など。

病院で亡くなった場合は寝台車にて、ご遺体のお迎えにあがり、自宅又は安置施設までお送りします。 ご遺体をお送りした後、ご安置・枕飾りを行います。 枕飾りの一式(机・線香・蝋燭・リン・刃物)は御用意しますのでご安心ください。

館林市斎場での葬儀のご相談は 館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 までご連絡ください。

館林市斎場料金表

区分種別単位市民市民外
火葬費用12歳以上1体無料60,000円
12歳未満1体無料40,000円
死産児1体無料20,000円
胞衣、汚物等1回2,200円
待合室1号室1回1,100円3,300円
2号室1回1,100円3,300円
3号室1回1,100円3,300円
4号室1回1,100円3,300円
式場1回11,000円33,000円
集会室1・2号室1回4,400円13,200円
終夜付添1夜2,200円6,600円
霊安室1回3,300円9,900円

 

 

群馬県邑楽郡邑楽町でお葬式・葬儀をお考えの御家族様は館林・大泉市民葬祭 0120-077-009 にお電話ください。大泉町外二町斎場は大泉町・邑楽町・千代田町の住人の方がお使いになっています。大泉町外二町斎場でもお葬式が出来る式場が併設されています。群馬県太田市や館林市も併設された式場を使い頻繁にお葬式が行われています。公営斎場では使用料も安く葬儀専用につくられているのでバスや霊柩車での移動が無くお葬式が一か所で行えます。ご家族様の費用面での負担や参列者様の負担も軽減されます。

 

大泉町外二町斎場での火葬式プラン

 

シンプル火葬式プランには、火葬式に必要な物がセットになっております。

その他、ドライアイス代金・ご自宅にご安置が出来ない場合は安置料金がかかります。

詳しくは 館林・大泉市民葬祭までお問合せ下さい。

 

 

大泉町外二町斎場料金表

区分種別単位組合区域内の住民組合区域外の住民
火葬費用13歳以上1体無料30,000円
13歳未満1体無料20,000円
死産児1体無料10,000円
手術肢体及び胞衣汚物1個550円1,100円
待合室和室(12畳)1室(2時間)無料2,200円
和室(10畳)1室(2時間)無料1,650円
式場葬儀式場1回(3時間)22,000円44,000円
集会室和室、ロビー等1回(3時間)5,500円11,000円
通夜に使用する場合1夜11,000円22,000円

 

近年、家族だけではなくペットの葬儀を行う方が増えています。

核家族化が進む中、ペットも家族の一員として生活をしているため、ペット葬の需要があるのです。

しかしまだまだペット葬について知らない方も多いため、今回はペット葬についてご案内するので、万一の際の参考にしてください。

ペット葬の種類

ペット葬は、人間の葬儀のように以下の2種類に分けられます。

  • 合同葬
  • 個別葬

それぞれの特徴をご案内します。

合同葬

複数のペットを同時に火葬する葬儀です。

火葬後、そのままペット霊園の共同墓地に埋葬されます。

自治体で火葬を行った場合、動物専用の火葬炉がなければ通常の焼却炉で他の動物や廃棄物とともに処理されるため、抵抗感がある方はペット霊園やお寺に依頼してください。

費用を安く抑えられる点がメリットですが、遺骨の持ち帰りが不可能なので形見になるものはありません。

個別葬

ペットを1体ずつ火葬する葬儀です。

ペット霊園やお寺の場合は、個別葬が可能な場合が多く、お骨を拾える、お経を読んでくれるなどサービスもあります。

そのほか、民間企業でも個別葬を行っているケースがあり、専用の移動火葬車を利用して思い出の場所や自宅の近くで火葬してもらうことも可能です。

費用負担は高くなりやすいですが、大切なペットとしっかりお別れができて遺骨も持ち帰れるので形見になります。

 

ペット葬は、合同葬・個別葬によって火葬やお骨拾いの立ち合いができるかどうかが決まります。合同葬の場合は、どの骨がどのペットの骨か判別がつかないのでお骨拾いや納骨は基本的にできません。個別葬は立ち会いに関して選択できるので、どうしたいか決めておきましょう。

ペット葬の流れ

ペット葬の流れは、以下の通りです。

  • 看取り、安置する
  • ペット霊園、お寺、葬儀社、自治体に連絡
  • 火葬する
  • 収骨後納骨

大切なペットが亡くなった際は、すぐに火葬せず人間でいうところのお通夜のようにお別れの時間を設けてください。

長年一緒に暮らしてきた家族なので、早急に葬儀を行おうとせず、時間のゆとりを持ってください。

まだ硬直が始まっていない時に、柔らかなタオルなどを敷いた場所に足を揃え、横になる体勢に整えてあげます。

死後の脱力から体液が漏れる可能性もあるため、特にペットのお尻部分には厚めにタオルを敷いておくと良いです。

家族それぞれでお別れを行い、火葬を行える場所に連絡をしてください。

特にペット霊園やペット専用の葬儀社などは、お墓や葬儀に関して知識が豊富のため、不安点が質問しやすいです。

自治体は安価で火葬できますが、扱いに抵抗感を抱く方も多くいます。

個別葬の場合、火葬後収骨してからお墓へ埋葬するか自宅に持ち帰るかを選択できます。

そのため、事前にどうしたいのかは決めておきましょう。

通常、亡くなってから埋葬までは1日で全て行われます。

お別れの時間をゆっくり持ちたい、ペットが亡くなったのが夜、という場合は翌日の対応で問題はありません。

ペット葬の注意点

ペット葬は、家族だけで行うので葬儀マナーなどは考えずとも良いです。

ただし、いくつか注意点はあるのでよく理解しておきましょう。

市町村役場の届出が必要

ペットなので、住民票があるわけでもなく、健康保険に加入しているわけでもないため、役所は無関係だと思っている方も多いです。

人間のように火葬許可証を得る必要はありませんが、犬が亡くなった場合のみ、役所への届出が必要になります。

葬儀を行うから届け出が必要というわけではなくて、狂犬病予防の観点から必要です。

犬が亡くなってから30日以内に、必ず市町村役場に届け出てください。

義務となっているので、届け出を忘れずに行いましょう。

届出の際は、以下の事項を記入します。

  • 飼い主の氏名と住所
  • 犬の死亡年月日
  • 犬の登録番号

犬のみ届出が必要で、ほかのペットは届出の義務はありません。

香典やお布施について

人間の葬儀のように、香典やお布施などを用意する必要はないです。

もともとペット葬には香典という考えはないため、家族以外の方が参列したとしても用意する必要はなく、お布施も葬儀料金に含まれているので不要です。

何か気持ちを表現したいという場合は、香典の代わりにお花やペットが好きだったおやつなどを持参しましょう。

お寺に依頼する場合、渡すケースもありますがその場合は3,000円から5,000円程度で問題ありません。

服装や持ち物

ペット葬では喪服で参列しなくても、良いです。

基本的に普段の服装で問題ありませんが、お寺で行う場合は黒を基調とした服装を意識してください。

普段の服装で良いですが、派手な色合いやデザイン性が強いものは、周囲の方も落ち着いてペットに寄り添えないので、できれば落ち着いた印象の服装を心がけてください。

ペット葬の持ち物は、以下を用意しておくと良いです。

  • 数珠
  • お花
  • ペットの写真
  • 個別葬の場合は納骨用の骨壷

おやつやおもちゃも副葬品として納められますが、金属やプラスチックのものは納められません。

おやつはティッシュに包むか、布袋に入れて持参しましょう。

ペットも家族と同じで葬儀をしたいという人が増えている

ペット葬についてご案内しました。

ペットを飼っている方は年々増えており、家族として迎えたペットの最期を丁寧に見送りたいと考える方も多いです。

ペット葬は、人間のように大々的に行いはしませんが、ペット専門の葬儀社やペット霊園によっては火葬の立ち会いやお骨拾いもできます。

お墓を作ることも可能なので、よく検討してみてください。

 

ご葬儀に関する質問は、全国市民葬祭協会 館林・大泉市民葬祭にご相談ください。

お問い合わせはこちらから→全国市民葬祭協会 館林・大泉市民葬祭( 群馬県 館林市 青柳町1587-1 )

お電話の方はこちらから→館林・大泉市民葬祭 0120-077-009

費用を抑えたお葬式・葬儀を御検討されている御家族様には 公営斎場 の有効利用をお勧めしております。 公営斎場 とは、全国各地に建てられている火葬場 に隣接している式場の事を言います。 公営斎場 を利用することで、各段に費用を低価格(安い)に抑える事が可能になります。館林・大泉市民葬祭 0120-077-009では、 館林市斎場 ・ 大泉町外二町斎場 等 公営斎場を専門にお葬式・葬儀のサポートを行っています。館林・大泉市民葬祭 は御家族の要望に寄り添い、できるだけ費用負担の少ない御葬儀を提案いたします。弊社インスタグラムにて花祭壇をご紹介しております。

 

 

           前の記事へ