館林・大泉市民葬祭 > お知らせ > 葬儀相談

館林大泉市民葬祭では公営斎場を利用しての葬儀プランをご用意しております。必要のないものは一切はぶいた低価格のプランとなっております。予算に余裕のある方にぜひお勧めしたいのが祭壇周りを飾る生花です

以前は葬儀の花と言うと白菊のみの白で統一というのが主流でしたが、今では洋花生花もあり多種多様の色鮮やかな花々を用い流ようになりました。生花は祭壇を華やかにするだけでなく、葬儀式終了後は短く剪定し、故人の棺に入れての別れ花となります。

花の鮮度、品質にはこだわりをもち最善のものをご用意いたします。

故人様の最後のお別れの時を華やかに、花の良き香りで送っていただきたいそう願っております。

祭壇生花はご希望の金額でご用意いたします

インスタグラムに今までの祭壇を投稿しておりますのでご覧ください。相談、見積もりは市民葬祭(0120−077−009)までお気軽にお電話ください。

彫刻棺と聞くと、板に直接彫ることを想像すると思いますが、棺に使う用とは別に用意された板へ彫刻します。(彫刻棺とは、木で作られた棺の側面、蓋、周りに装飾がされた棺のことです。)

通常使われる棺とは違い、とても高値がつけられています。

中には高いもので、数十万円するものもあります。

二面彫刻棺 (棺の両側面に彫刻がある)

三面彫刻棺 (両側面、蓋に彫刻がある)

五面彫刻棺 (底以外全てに彫刻がある)

彫刻棺は、この3つに分けられます。

基本的に、彫刻面が多ければ多いほど、値段が高くなります。

昔は、今よりも棺は最後に入るものだからという理由で、家族と話し合いなどをし、高価な彫刻棺を使うことが多くありましたが、今は、お葬式自体を安く済ませたいと考える思考が強くなり、彫刻棺同様に、高級な棺を使うことは少なくなりました。お葬式もその人らしくし、その人に適した棺を使ってあげることが出来れば良いと思います。心を込めて、最後のお別れが出来るようにしましょう。

お葬儀の質問や相談、事前見積も承っております。

0120-077-009

館林・大泉市民葬祭までご連絡ください。

館林大泉市民葬祭では葬儀の生花のご依頼や花祭壇を別途料金にて承っております。生花は白菊を中心とした白を基調にしたものが主流でしたが、今では和花はもちろん洋花の注文もできます。色もカラフルでご希望に沿った色彩の生花をご用意いたします。花祭壇についてはご予算内でご希望をお聞きしながらご提案させていただきます。故人様がお好きだった色やお花をお聞きしながら、季節の花などより良いものをご用意いたします。大切な方の最後を華やかに送っていただくことをぜひお考え頂ければと思います。市民葬祭では公営斎場を利用して低価格でのご葬儀を提案しております。見積もりも無料でいたしますのでぜひ一度ご相談ください。電話は0120−077−009で24時間無休で承っております。

故人の遺骨は、基本的にお墓や納骨堂へ納骨されますが、遺骨の一部を手元で供養する手元供養を知っていますか?

手元供養で自宅へ置くとき、通常の骨壺より小さいものを選んだり、外観をデザインすることで、部屋との違和感をなくすことができます。現在では、遺骨をアクセサリーにして常に肌身離さず共に行動することもできるのです。

手元供養では、ミニ骨壺が良く選ばれています。

一般的な骨壺は、白で無地の陶器のデザインが多いですが、ミニ骨壺は、手元供養のために作られたものなので、サイズ、デザイン、色や素材、様座なものが市場に出回っています。また、仏壇のない部屋にそのまま置くこともでき、来客が来ても違和感や、抵抗を感じさせることのないデザインがあります。

ミニ骨壺とは異なりますが、遺骨事態を加工し、手元供養する方法もあります。

お地蔵様や、仏像、人形、仏教と関係のないものへと加工することができるので、お部屋の雰囲気に合ったものへと変身させられるので、ご自身も置き場所に困らずに、手元での供養を行うことができます。

手元供養をお考えの方は、全て納骨せずに一部を手元に残しておくといいでしょう。

※遺骨を分骨(2つ以上の場所での安置)をするときには、分骨証明書がいりますが、手元供養は、分骨と異なるので必要ありません。

 

館林・大泉市民葬祭では、公営斎場での葬儀を推奨しております。

事前相談・事前見積も承っておりますので 0120-077-009 までご連絡ください。

 

葬儀を華やかにする生花。祭壇を飾るポイント生花、皆様からいただく生花は式中は祭壇周りを華やかにし、式後はお棺に入れて故人様の最期を良き香りでおくる事ができます。以前は葬儀の花は白と決まっていましたが、今は色とりどりでどのような色でもお好きな色でご用意する事ができます。市民葬祭では花の鮮度にこだわりお好きな色合い、ご希望の花、ご希望の金額で祭壇花をご用意いたします。必ず用意してよかったと思っていただける生花をご用意いたしますので安心してお任せください。相談、見積もりは市民葬祭0120−077−009までご連絡ください。

大切な家族の最期の時を、たくさんの花で送りたいと願う方は多いかと思います。最近の花祭壇はカラフルで彩りも鮮やかです。市民葬祭ではご家族様の費用に合わせて花祭壇をご用意いたします。金額に応じてどうすれば一番華やかになるかを経験からアドバイスさせていただきます。必ずご注文いただいた事を喜んでいただけるようご用意させていただきます。花の鮮度にこだわり、その時の旬の花で最高のものを用意いたします。もちろんご希望の花でも結構です。インスタグラムをご参照ください。相談、見積もりは市民葬祭 0120-077-009 までお電話ください。

葬儀を華やかに飾る花祭壇。あるのとないのとではだいぶ違いがあります。花祭壇は式を華やかに飾るだけでなく、葬儀終了後には短く刈り込み故人の棺に入れて最期を飾ることになります。市民葬祭では金額に応じての花祭壇をご用意する事ができます。故人様のお好きだった花やお好きだった色にこだわったり、デザイン自体にこだわりを持つこともできます。鮮度の良い花にこだわっておりますので花もちにも自信があります。故人様の最後の贈り物、お花にこだわりありがとうの気持ちを込めてはいかがでしょうか。市民葬祭では相談、見積もり、急なお迎えにも24時間365日で対応しております。0120−077−009 までお電話ください。

大切な家族を失い深い悲しみの中で、たとえ突然のことであっても取り乱さず、落ち着いて適切な判断と行動を心掛けましょう。そして見ず知らずの方と接する機会もあるかもしれませんので、失礼やご迷惑をかけることのないよう気配りもしなくてはなりません。

宗教や地域性により決まりや作法が異なってきますが、先ずは、故人の本籍を調べておきましょう。これがわかっていれば様々な状況に迅速に対応できます。また葬儀には「このようにしなければいけない」ということは一切ございませんので、形式については気にしてもしなくてもいいと思います。

 

・喪主を決める

古きのお葬式は「故人の後継者のお披露目」という場であり、故人亡き後の家長に相当する親族が喪主を務めるのが一般的でした。核家族化が進み葬儀の規模も縮小傾向にある今、喪主は故人との関係性から決定されることが多くなってきました。故人の配偶者、子、或いは親と、故人との血縁関係から喪主を決定するのが一般的な流れとなっています。

・喪主の役割

ご葬儀の日時・場所・内容・費用の決定、関係者や葬儀社との打ち合わせや相談、葬儀全体を把握しつつ弔問・会葬者への気配りや挨拶など、多岐に渡る役割がございます。しかし昨今の葬儀事情では「形式上としての喪主を選出し、実際の責任者は別の方」というケースも増えております。

例えば「形式上の喪主は故人の配偶者(妻)、実際の責任者は子(息子)」、という形です。喪主を務めるには精神的・体力的な部分で高齢の為難しいので、一番縁が深い故人の妻を形式上の喪主として選出し、実際の喪主としての役割は息子が負うというものです。決定権を持つ人を選出しておかなければ、ご葬儀を滞りなく執り行うことは難しいからです。ご葬儀全般の事項に関わり決定を下すということはなかなか難しいので、ご遺族の中で分担しながら喪主をサポートしていくのが近年の一般的な形になっております。

変わりゆくご葬儀の形態の中で、喪主としての選び方や役割とその状況も様変わりしてきています。大事な方のご葬儀に於いて「決定と責任を負い、弔問・会葬者への顔」となる喪主という立場ではございますが、お葬式を執り行う方は誰しもが不安でいっぱいです。喪主に慣れるということは現実的にとても難しく、お葬式を無事に終えたとしても心身ともに疲弊しきってしまうと思います。特に喪主という立場は「気疲れ」というものが付いて回ります。

初めて迎えるご葬儀でもそうでなくとも、大事なことは終えた後に「後悔」という思いだけは残さないようにして下さい。

館林・大泉市民葬祭では、ご不安な皆様のお役に立てるように、一丸となって全力でサポートいたします。

館林市斎場・大泉町外二町斎場・小山聖苑・県央みずほ斎場・メモリアルトネ

その他、公営斎場での ご葬儀のご質問・ご相談は 0120-077-009 までご連絡ください。

遺影写真で使用される額は、黒色に黒いリボンのものが昔から使われている一般的な額でしたが、現在は葬儀への風習が変わり、多くの考え方が生まれてきています。これに伴い、額のデザインも変化を遂げています。葬儀会社でも、葬儀をあげる方の風習が変わっていることから、好みに適した額の準備をしているところが多くあります。例えば、お葬式の後で、遺影写真をリビングや洋室で飾っても違和感のないデザインの額などがあります。

白、灰色、ピンク、パープル、ブラウン、木目調など、故人が好きそうな色や、故人の顔に合う色を選ぶことが出来ます。額についているリボンもコサージュをモチーフにしたリボンなどもあります。そして、お葬式の最中は額の周りを生花で囲い、華やかに飾る花額が選ばれる傾向にあります。これには、祭壇を豪華にしたいという気持ちが込められているのです。また、額の中に押し花を入れ、故人に花を手向けたデザインのものもあります。

このように、多種多様なデザインの額があるので、あなた好みの遺影写真を終活の一環として選んでみるのも良いかと思います。

葬儀に関するご質問などありましたら、舘林大泉市民葬祭 0120-077-009 まで ご連絡ください。

お葬式に参列する時には、様々なマナーを守らなければなりません。

その中で、女性がヘアスタイルの次に気になるのは、ネイルではないでしょうか?

では、お葬式前にしていたネイルはどうしたらいいのか?

お葬式は突然のことなので、オシャレなネイルをしていても、お葬式の場では、工夫をしなければなりません。マニキュアであれば、除光液で落とせばいいですが、サロンでネイルをしてもらっていると自分で落とすことは難しいです。また、サロンでしてもらうネイルはジェルネイルというもので、一層ずつ固めていき、3週間から1ヵ月ほど長持ちするものです。

実際、ネイルサロンへ「お葬式があるからネイルをどうしたらいいですか」という問い合わせの電話があるそうです。ですが、お葬式は突然のことなので、その日に対応してくれる場所は案外少ないものです。なので、サロンでは「上からマットなベージュを塗ってカバーしてみてはどうですか?」と提案しているそうです。マットなベージュは、光沢のない皮膚に近い色のベージュです。

このように自分でベージュを塗ったり、対応することは出来ますが、基本的にはサロンへ向かい、オフネイルをしたほうが良いでしょう。また、ネイルの上からマニキュアを塗る場合は、アセトン成分が入っていないアセトンフリーと書いてあるポリッシュリムーバーを使いましょう。これを使うことで、元々してあるネイルを傷つけることなくマニキュアを落とすことが出来ます。

葬儀に関するご質問、お問合せは 館林大泉市民葬祭 0120-077-009 まで ご連絡ください。

過去の5件