館林・大泉市民葬祭 >

故人様がお亡くなりになると、病院など施設の職員などで清拭(せいしき)をして、それから、浴衣を着せて差し上げます。

とはいえ、着せてあげる衣服は自由ですので決まりはありません。
もしご希望のものがあるのなら、先にわたくしどもにお伝えください。

というのは、ドライアイスのお手当をしてしまうと、体全体が硬直してしまうため、あとから着せ替え、というのが大変困難になってしまうからです。その場合はお棺の中にお納めすることになってしまうことがが多いからです。

可能であれば、事前にお伝えいただいたり、ご連絡いただけると柔軟に対応ができます。

仏教では死後は四十九日の旅に出ると言われ、納棺の儀式の時にはそれらをお身体を覆う形で棺の中にお納めします。
これを旅支度と言います

旅支度はご家族の方々で身につけて頂くものなのですが、希望されない方はそれはそれで構いません。

故人様が愛用されていた衣服、またご遺族の方から見て一番故人らしい衣服を選んで差し上げてはいかがでしょうか?

館林・大泉市民葬祭では、葬儀に関するご質問や事前相談・お見積もりを承っております。

なんなりとお問合せください。  0120-077-009 までお待ちしております。